沿革

 

昭 和 38年
「日本鋼管株式会社」にてレール溶接事業を開始
39年
東海道新幹線レール溶接完成
46年
山陽新幹線大阪~岡山間レール溶接完成
49年
山陽新幹線岡山~博多間レール溶接完成
50年
レール頭部削正装置を開発
52年
狭開先レールエンクローズアーク溶接法を開発
56年
上越新幹線大宮~新潟間レール溶接完成
59年
東北新幹線大宮~盛岡間レール溶接完成
東北新幹線上野~大宮間レール溶接完成
61年
青函トンネルレール溶接完成
62年
改良レールエンクローズアーク溶接法を開発
平成  2年
定置式フラッシュ溶接機納入
3年
山形新幹線福島~山形間レール溶接完成
4年
NK式可搬型フラッシュ溶接機製作
HHレールのエンクローズアーク溶接法開発
5年
普通レール半自動エンクローズアーク溶接法開発
7年
緊張ガス圧接を導入
8年
秋田新幹線レール溶接完成
長野新幹線レール溶接完成
10年
山形新幹線山形間~新庄レール溶接完成
テルミット溶接工法を導入
12年
HHレール半自動エンクローズアーク溶接法開発
14年
東北新幹線盛岡~八戸間レール溶接完成
レール溶接事業を「日本鋼管株式会社」より 「日本鋼管工事株式会社」へ営業譲渡
15年
九州新幹線鹿児島~熊本間レール溶接完成
「JFE工建株式会社」に社名変更
21年
東北新幹線八戸~新青森間レール溶接完成
JGP-N1型圧接機の開発
「JFEエンジニアリング株式会社」に統合
22年
九州新幹線新玉名~新八代レール溶接完成
24年
JFEエンジニアリング株式会社よりレール溶接事業を分割承継
25年
JR西日本 向日町レールセンター フラッシュバット溶接機制御装置納入
26年
JR東日本 東京レールセンター フラッシュバット溶接機納入
北陸新幹線 上越地区、糸魚川・黒部、津幡・白山 レール溶接完成
北海道新幹線 青森地区 レール溶接完成
27年
仙台市地下鉄東西線 青葉山・荒井・中央工区 レール溶接完成
28年
JR西日本 向日町レールセンター フラッシュバット溶接機電源装置納入